ここから本文です

「鏡花水月」「二律背反」「三国無双」ってちゃんと意味まで覚えてる? アニメ、ゲームに登場する四字熟語

11/8(木) 12:00配信

ねとらぼ

 四字熟語は国語の教科書だけでなく、アニメやゲームにもよく登場します。印象に残るせりふや技名になっていることも珍しくありませんが……いちいち辞書などで調べておらず、「意味はよく分からないけど、見覚えのある言葉」になっている人も多いのでは?

【すべての解答】

 そこで今回は「アニメ、ゲームによく登場する四字熟語」を中心に、クイズ形式でまとめました。ものによっては言葉の意味や読み方より、作中のシーンを思い出す方が簡単かも。

【問題】

Q:二律背反
Q:鏡花水月
Q:三国無双
Q:天網恢恢
Q:電光石火
Q:鎧袖一触
Q:明鏡止水
Q:紫電一閃
Q:天衣無縫
Q:跳梁跋扈
Q:百花繚乱
Q:勇往邁進
Q:抜山蓋世
Q:画竜点睛
Q:比翼連理
Q:夢幻泡沫
Q:花鳥風月
Q:不倶戴天
Q:一気呵成
Q:森羅万象
Q:獅子奮迅
Q:三千世界
Q:門前雀羅
Q:国士無双
Q:六道輪廻
Q:乾坤一擲
Q:一騎当千
Q:百鬼夜行
Q:魑魅魍魎

【答え】











Q:二律背反
A:にりつはいはん。矛盾する2つの命題が並び立つこと。「アンビバレンツ」とルビを振られることがあるが、実際には「アンチノミー」の訳語といわれる。

Q:鏡花水月
A:きょうかすいげつ。「鏡に映った花、水に映った月」の意。はかない幻、言葉で言い表せない趣きなどに用いられる。

Q:三国無双
A:さんごくぶそう。三国(日本、中国、インド)で並ぶものがない、あるいは、全世界で並ぶものがないこと。四字熟語の場合、読み方は「むそう」ではなく「ぶそう」。

Q:天網恢恢
A:てんもうかいかい。「天網恢恢疎にして漏らさず」の略。天の網は目が粗いようだが、悪事は取り逃がさないということ。

Q:電光石火
A:でんこうせっか。「稲妻などから発せられる閃光」の意。極めて短い時間。動作が極めて早いこと。

Q:鎧袖一触
A:がいしゅういっしょく。鎧(よろい)の袖が一度触れたくらいで、簡単に敵を倒すこと。

Q:明鏡止水
A:めいきょうしすい。「曇りのない鏡、静かな水」の意。「明鏡止水の心境」というと、やましさや動揺がなく、落ち着いていることを指す。

Q:紫電一閃
A:しでんいっせん。鋭い刀を振ったときに現れる光。転じて、物事の急激な変化。

Q:天衣無縫
A:てんいむほう。「天女の衣には縫い目がない」ということから、詩歌などが自然で美しいこと、性格が無邪気で飾り気がないこと。

Q:跳梁跋扈
A:ちょうりょうばっこ。悪者などが勢力を持ち、好き勝手に行動すること。

Q:百花繚乱
A:ひゃっかりょうらん。さまざまな花が咲き乱れること。すぐれた人材が大勢集まること。

Q:勇往邁進
A:ゆうおうまいしん。目標に向かって、ひたすら前進すること。

Q:抜山蓋世
A:ばつざんがいせい。山を引き抜き、世を覆うほどの気力があること。

Q:画竜点睛
A:がりょうてんせい。「画竜点睛を欠く」で、仕上げを欠いており、完全ではないことを意味する。読み方は「がりゅう」ではなく「がりょう」。

Q:比翼連理
A:ひよくれんり。相思相愛の仲、夫婦仲が良いこと。「比翼の鳥」という想像上の生物は、翼と目が1つしかなく、雄雌のつがいが一体になって飛ぶとされる。

Q:夢幻泡沫
A:むげんほうまつ。人生がはかないことのたとえ。

Q:花鳥風月
A:かちょうふうげつ。美しい自然の景色、それを重んじる風流。

Q:不倶戴天
A:ふぐたいてん。訓読すると「倶 (とも)に天を戴(いただ)かず」。怒りや恨みが、相手を生かしてはおけないと思うほど強いこと。

Q:一気呵成
A:いっきかせい。一気に仕上げること。

Q:森羅万象
A:しんらばんしょう。宇宙に存在する全てのもの。「森羅」には樹木が限りなく並ぶさま、「万象」には形ある全てのものという意味がある。

Q:獅子奮迅
A:ししふんじん。獅子が奮い立って暴れるような、激しい勢い。その勢いで活動すること。

Q:三千世界
A:さんぜんせかい。仏教用語「三千大千世界」の略。小世界が1000個集まったものが「小千世界」、小千世界1000個で「中千世界」、中千世界1000個で「大千世界」。大千世界は小・中・大の千世界から構成されることから「三千大千世界」と呼ばれる。

Q:門前雀羅
A:もんぜんじゃくら。「羅」は「網」と同じ。門前に張った網ですずめが捕まえられるほど、訪問者がなく寂れたさま。

Q:国士無双
A:こくしむそう。国の中でもっとも優れた人物。

Q:六道輪廻
A:りくどう(ろくどう)りんね。仏教用語。生きとし生けるものが「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」という6つの世界を生死を繰り返しながら、さまよい続けること。

Q:乾坤一擲
A:けんこんいってき。運命をかけた大勝負をすること。

Q:一騎当千
A:いっきとうせん。「1人で千人を相手にできる」の意。卓越した能力、経験などのたとえ。

Q:百鬼夜行
A:ひゃっきやこう/ひゃっきやぎょう。妖怪たちが列をなして、夜中に歩くこと。

Q:魑魅魍魎
A:ちみもうりょう。「魑魅(ちみ)」「魍魎(もうりょう)」は、ともに化け物の総称。「魑魅魍魎」は、人に害を与えるさまざまな化け物を意味する。

ねとらぼ

最終更新:11/8(木) 12:00
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事