ここから本文です

Androidアプリ、使いながらアップデートが可能に 「Google Play In-app Updates API」で

11/8(木) 12:17配信

ITmedia NEWS

 米Googleは11月7日(現地時間)、米カリフォルニア州マウンテンビューで開催の開発者会議「Android Dev Summit」で、アプリのアップデートにオプションを追加するAPI「Google Play In-app Updates API」を発表した。間もなくすべての開発者に提供する計画だ。

アプリを使いながらのアップデート

 開発者はこのAPIで、アプリのアップデートについてユーザーに2つの方法で通知できるようになる。1つは、アップデートが可能になったことを全画面で通知する方法。脆弱性の修正など、緊急なアップデートの場合に用いる。

 もう1つは、アプリを利用中にバックグラウンドでのアップデートを可能にする方法。ユーザーはアップデートでアプリ利用を中断せずに済む。アップデートの準備ができると、再起動を促すメッセージが表示されるか、アプリを終了してからアップデートが完了する(開発者の設定による)。

 Google Playのプロダクトマネジャー、ドム・エリオット氏は、このAPIは、アプリを自動アップデートに設定していないユーザーや、常にアップデートしやすい高速Wi-Fiのある環境にいるわけではないユーザーにアップデートを促せると語った。

 Android Dev Summitの基調講演ではこの他、折りたたみディスプレイへのサポートやKotlinの新機能などが発表された。詳細は公式ブログを参照されたい。

ITmedia NEWS

最終更新:11/8(木) 12:17
ITmedia NEWS

あなたにおすすめの記事