ここから本文です

【ボクシング】3階級制覇・田中恒成 田口良一との夢対決に前向き発言

11/8(木) 17:56配信

東スポWeb

 世界最速タイとなる12戦目で3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者・田中恒成(23=畑中)が8日、名古屋市内の畑中ジムでWBO年間最高試合受賞会見を行った。

 対象となったのは、9月24日に名古屋で行われた木村翔(29=青木)との同タイトルマッチ。3度目の防衛を目指した木村に判定勝ちし、新王者となった田中自身も特別賞を受賞している。

 この日練習を再開した田中は「日本で、日本人同士で戦ったにもかかわらず、評価してもらってうれしいです。目を向けてくれているんだなと思った」と喜びを語った。

 3本目のベルトはダイヤが埋め込まれた豪華な仕様。注目の初防衛戦について畑中清詞会長(51)が前WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一(31=ワタナベ)との可能性について言及した。

「話が進んでいることは確か。春ぐらいにと思っています」

 2017年には当時WBA世界ライトフライ級王者だった田口との統一戦を、WBO同級王者の田中が熱望。12月31日での対戦へ交渉が進んでいたが、田中が9月の防衛戦で眼窩底骨折を負い、流れたいきさつがある。田中も「決まったらうれしい」と、夢の実現へ前向きだった。

最終更新:11/8(木) 17:56
東スポWeb

あなたにおすすめの記事