ここから本文です

日本女子初GP初出場初V懸かる紀平、トリプルアクセル6度着氷 NHK杯前日練習

11/8(木) 12:41配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦NHK杯(9日開幕・広島県立総合体育館)の前日練習が8日、行われ、女子で日本女子初のシニアGP初出場初優勝の期待が懸かる紀平梨花(16)=関大KFSC=は、午前の練習で得意のトリプルアクセルを6度着氷させるなど上々の仕上がりを見せた。SP1本、フリー2本の計3本のトリプルアクセルを組み込む予定。伊藤みどり、浅田真央という日本女子のエースが武器としてきた“伝家の宝刀”とともに、偉業に挑む。

 3年ぶり2度目の優勝を狙う平昌五輪4位の宮原知子(20)=関大=も、本番用の衣装をきて臨んだフリーの曲を掛けた練習では、ほぼ完ぺきな演技を見せた。スケートアメリカに続く連勝を狙う。

 男子は平昌五輪銀メダリストで、スケートカナダに続く連勝を狙う宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=も、得点源の4回転フリップや4回転-3回転の連続ジャンプを成功し、上々の内容だった。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ