ここから本文です

元韓国バスケ代表選手、プロバスケ復帰ならず=KBL「執行猶予中なので不許可」

11/8(木) 16:09配信

WoW!Korea

元バスケットボール韓国代表のパン・ソンユンのコート復帰が実現しなかった。

 韓国プロバスケットボール連盟(KBL)は「去る6日、財政委員会を開き、パン・ソンユンの選手登録について審議した結果、KBL選手登録に欠格事由があると判断し、選手登録を許可しないことにした」と7日、明らかにした。

 パン・ソンユンは2005年ソウルSKに入団し、2010‐2011シーズンまでトップクラスのフォワードとして活躍した。2005‐2006シーズン新人王を獲得し、3シーズン連続3ポイントシュート1位を記録した。

 しかし、頻繁な負傷で2011年引退し、SKはパン・ソンユンを任意引退選手に分類した。

 引退後の生活は順調ではなかった。パン・ソンユンは2016年、知人の会社の職員を常習的に暴行した容疑などで法廷拘束され、昨年控訴審で懲役8か月、執行猶予2年を言い渡され、釈放された。

 最近パン・ソンユンはリーグ復帰の意思を示し、SKがKBL選手登録を要請したが受け入れられなかった。

 KBLは「パン・ソンユンは執行猶予中である点を考慮し、選手登録を許可しなかった」と説明した。

最終更新:11/8(木) 16:09
WoW!Korea

あなたにおすすめの記事