ここから本文です

南北軍事合意書の履行 追加で約10億円必要=韓国当局

11/8(木) 16:51配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部は国会国防委員会所属の野党議員に提出した報告書で、9月の南北首脳会談の際に署名された軍事分野合意書の履行のため、来年に101億4000万ウォン(約10億3000万円)が追加で必要と推算した。

 国防部は南北の共同遺骨発掘や軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)の非武装化、非武装地帯(DMZ)監視所の試験的な撤収などに予算が必要だと判断した。

 事業のため、今年と来年に計150億1000万ウォンが必要と推計。このうち、今年必要な40億1000万ウォンは政府予算に反映されたが、来年の所要予算110億ウォン中、101億4000万ウォンは予算案に反映されていない。

 監視所の撤収に81億8000万ウォン、北西島しょの砲兵部隊のローテーション訓練に19億6000万ウォンなどがかかるとした。

最終更新:11/8(木) 16:56
聯合ニュース

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ