ここから本文です

広島・菊池 文句なしの6年連続GG賞 両リーグ最多256票を獲得

11/8(木) 15:46配信

デイリースポーツ

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」が、8日発表された。

 セ・リーグの二塁手部門では守備の職人、広島・菊池涼介内野手が6年連続6回目。有効投票276票のうち、両リーグ最多の256票を集め、文句なしの受賞となった。

 パ・リーグでは遊撃手部門で、西武・源田壮亮内野手が有効投票248票のうち、リーグ最多の219票を獲得。うれしい初受賞となった。

 両リーグの受賞者は以下の通り。

 【セ・リーグ】

 投手 巨人・菅野智之(3年連続3回目)

 捕手 阪神・梅野隆太郎(初受賞)

 一塁手 DeNA・ロペス(3年連続4回目)

 二塁手 広島・菊池涼介(6年連続6回目)

 三塁手 DeNA・宮崎敏郎(初受賞)

 遊撃手 広島・田中広輔(初受賞)

 外野手 広島・丸佳浩(6年連続6回目)

 外野手 中日・平田良介(初受賞)

 外野手 中日・大島洋平(2年ぶり6回目)

 【パ・リーグ】

 投手 楽天・岸孝之(初受賞)

 捕手 ソフトバンク・甲斐拓也(2年連続2回目)

 一塁手 日本ハム・中田翔(2年ぶり3回目)

 二塁手 ロッテ・中村奨吾(初受賞)

 三塁手 ソフトバンク・松田宣浩(6年連続7回目)

 遊撃手 西武・源田壮亮(初受賞)

 外野手 日本ハム・西川遥輝(2年連続2回目)

 外野手 秋山翔吾(4年連続5回目)

 外野手 柳田悠岐(2年連続4回目)

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい