ここから本文です

マツダ23万台リコール=エンジン停止の恐れ

11/8(木) 15:28配信

時事通信

 マツダは8日、エンジン関係部品に問題があり、エンジンが停止する恐れがあるなどとして、普通乗用車「アクセラ」など4車種計23万5293台(2012年2月~18年7月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

 
 国交省によると、エンジンで空気を圧縮するバルブを閉じるばねに問題があり、エンジンの回転が不安定になったり、停止したりする可能性がある。また、エンジン関係のプログラムが不適切で、バルブが開かなくなった場合にエンジンが停止する恐れがあったり、変速時の振動が大きくなったりすることが懸念される。このため、部品の交換やプログラムの修正を行う。 

最終更新:11/9(金) 8:24
時事通信

あなたにおすすめの記事