ここから本文です

アイリスオーヤマ、音声で操作できるスマートスピーカー対応のLEDシーリングライトとLED電球

11/8(木) 14:09配信

Impress Watch

 アイリスオーヤマは、音声操作ができるLED照明「スマートスピーカー対応LEDシーリングライト」を、12月10日に発売。デザインフレームタイプと薄型タイプがあり、それぞれに調光モデルと調光/調色モデルを展開、計8製品をランナップする。価格はデザインフレームの調光モデルが15,800円~、調光/調色モデルが17,800円~。薄型タイプの調光モデルが13,800円~、調光/調色モデルが15,800円~(すべて税抜)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 無線LANを内蔵し、音声操作ができるLEDシーリングライト。Google Home、Amazon Echo対応スマートスピーカー、または専用のスマートフォンアプリを通じて、音声で電源のオン/オフや調光/調色などを操作できる。また専用アプリでは、外出先からも基本操作やタイマー設定ができるという。アプリはiOS、Androidに対応。

 照明部には、独自開発の回路基板「メタルサーキット」を採用。シーリングライトの発光部全体にLEDチップを広く配置することで、高い省エネ性能と同時に優しく均一な光を実現したとしている。

 デザインフレームタイプの本体サイズは700×127mm(直径×高さ)で、適用畳数は~8/~12畳。薄型タイプは600×127mm(同)で、適用畳数は~8/~12畳。

■「スマートスピーカー対応LED電球」も発売

 同社は、上記シーリングライトの発売に先駆けて、「スマートスピーカー対応LED電球」を11月30日に発売。調光、調光/調色、調光/RGBW調色の3型をラインナップする。価格は順に3,980円、4,980円、6,980円(税抜)。

 いずれも無線LANを内蔵し、スマートスピーカーや専用スマートフォンアプリを通じて音声操作が可能。調光/RGBW調色モデルは、赤・緑・青・白とその中間色での調色が自在にでき、色彩豊かな光を演出できるという。

 3型とも本体サイズは60×118mm(直径×高さ)。全光束は810lm。E26口金用。

家電 Watch,津田 昌宏

最終更新:11/8(木) 14:09
Impress Watch

あなたにおすすめの記事