ここから本文です

舞台「はたらく細胞」細胞&ウイルスが大集合した新ビジュ、千秋楽の配信も

11/8(木) 18:01配信

コミックナタリー

清水茜原作による舞台「体内活劇『はたらく細胞』」のメインビジュアル第2弾が公開された。

【動画】体内活劇「はたらく細胞」公演告知ムービー(15秒)(メディアギャラリー他38件)

この新ビジュアルは、入り組んだ街のような「体内」を行き来する細胞や細菌・ウイルスたちが大集合した1枚。白血球(好中球)、赤血球、キラーT細胞、一般細胞、マクロファージ、血小板らがさまざまなポーズで働く様子が表現された。また舞台の千秋楽となる11月25日15時の上演回がライブ配信されることも決定した。詳細は後日案内される。

「はたらく細胞」は、白血球、赤血球、血小板などの細胞たちが人間の体内で活躍する様子を描いた物語。きだつよしが演出、川尻恵太が脚本を手がける「体内活劇『はたらく細胞』」は11月16日から25日まで東京・シアター1010にて上演され、「サービス残業」と銘打ったアフタートークも行われる。

■ 「体内活劇『はたらく細胞』」
日程:2018年11月16日(金)~11月25日(日)
会場:シアター1010

□ スタッフ
原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
演出:きだつよし
脚本:川尻恵太
制作:トライフルエンターテインメント

□ キャスト
白血球(好中球):和田雅成
赤血球:七木奏音

キラーT細胞:君沢ユウキ
一般細胞:山田ジェームス武
ヘルパーT細胞:戸谷公人
NK細胞:茉莉邑薫
ナイーブT細胞:太田将熙

マクロファージ:平田裕香
制御性T細胞:甲斐千尋
樹状細胞:川隅美慎
B細胞:正木郁
血小板:岸田結光、森田恵、木内彩音

化膿レンサ球菌:増田裕生
インフルエンザウイルス感染細胞:高木俊
肺炎球菌:馬場良馬
黄色ブドウ球菌:富田翔

※高木俊の高ははしご高が正式表記

(c)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

あなたにおすすめの記事