ここから本文です

馬場良馬と椎名鯛造が共演、全編iPhoneで撮影の「HARAJUKU」制作スタート

11/8(木) 18:01配信

映画ナタリー

馬場良馬と椎名鯛造の共演作「HARAJUKU~天使がくれた七日間」の制作がスタートした。

【写真】「HARAJUKU~天使がくれた七日間」(メディアギャラリー他4件)

本作では、東京・原宿に1軒だけ残る銭湯を継いだ青年・林英雄と、彼を天国に連れて行こうとする天使・翼の交流が描かれる。翼が原宿に興味津々であることを知った英雄は、原宿のことを教える代わりに延命してほしいと交渉。結果、翼は英雄とともに、7日間だけ人間界で生活することを決める。

英雄役で馬場、天使役で椎名が出演。英雄の弟・修太を平野良、銭湯の従業員のヨンギと沙耶をテジュと高城亜樹がそれぞれ演じる。監督、脚本、撮影を担当するのは「...and LOVE」「最果てリストランテ」の松田圭太。原宿の情景をリアルに映し出すため、全編をiPhoneで撮影する。

馬場は椎名との共演について「今回、相棒みたいな役で一緒に芝居出来て、楽しい毎日を送っています」とコメント。椎名は「スタッフとキャストの空気感もとても良く、集中する時は集中して撮影が進んでいるので、完成が楽しみです」と述べている。

「HARAJUKU~天使がくれた七日間」は2019年に公開される予定。

■ 馬場良馬 コメント
翼役の鯛造くんとちゃんとお芝居するのは初めてで、今回、相棒みたいな役で一緒に芝居出来て、楽しい毎日を送っています。物語は友情、恋愛、ファンタジーなどの要素があって、原宿の街のカラフルなイメージとリンクする画にも物語にも色々なものがつまった作品なので、ぜひ楽しみにしていただけたら嬉しいです。

■ 椎名鯛造 コメント
スタッフとキャストの空気感もとても良く、集中する時は集中して撮影が進んでいるので、完成が楽しみです。 天使なども出てくるファンタジー作品ではありますが、人間の欲や、綺麗なところも汚いところも描いていて、 人間味に溢れた生々しい芝居をしています。途中アクションもあって見応えがあると思いますので、是非期待して頂ければと思います。

■ 平野良 コメント
林修太を演じます平野良です。人生二度目となる目が見えない役。目線でのお芝居が出来ない分心を繊細に深く作りたい。そして見えない恐怖、これからの人生への恐怖、憤り、甘え、モヤモヤした全てを孕んだ人物になれるよう努力いたします。そして作中一番変わっていく役なのでその振り幅も大切にしたいと思っています。ファンタジーですが人が人を想うとても温かい作品です。撮影中もそんな温かさが滲み出ている楽しい現場。この作品に出会えた幸せを胸に頑張ります。

■ テジュ コメント
映画は舞台よりリアルな演技が必要で、撮影するたびに語学力の足りなさを感じています。でも日本で初めて出演させて頂く映画なので、いい結果を生み出したいです。監督やスタッフの方々、そして出演者の先輩の方々に迷惑かけないように頑張っています! この映画は家族をテーマにした映画です。僕にとって日本は外国ですけど、僕を応援してくださる皆さんのお陰で毎日家族の愛を感じています。いつもありがとうございます。この映画を観て皆さんの心にも家族の暖かさが感じられたら嬉しいです。

■ 高城亜樹 コメント
今回の映画は、皆さんもきっと1度は行ったことがあるであろう原宿と銭湯が舞台になっています。この2つがどのように混ざり合うんだろう?と思うかもしれないのですが、ファンタジーでもあるんだけど、家族愛溢れていて人間味がある。そして、クスッと笑ってしまうような場面もあるのですが1週間の尊さを考えさせられるような物語でもあります。
私の役は、とても感情が単調な女の子なのですが行動で優しさが出ていたり、人間的に深みがある人なので、口調や感情は単調だけど行動などで、人間味を出せるようにしました。今まで頂いた役は等身大だったりピュアなフレッシュな役が多かったのですが、今回は普段の自分とは離れているので、私にとっても新しい挑戦でもありました。現実とファンタジーの絶妙なバランスの映画を、是非楽しみにしていてください!!

最終更新:11/8(木) 18:01
映画ナタリー

あなたにおすすめの記事