ここから本文です

はやぶさ2の着陸目印、目標外す

11/8(木) 18:31配信

共同通信

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうに着陸する際に目印とするため10月に投下したボールについて、目標範囲を外したと発表した。ただ目印としての役割は果たせそうで問題はないという。もう1個追加で投下するかどうか検討している。

 ボールは、はやぶさ2が着陸目標としている半径10mの範囲の中心を目がけて投下したが、この範囲から5mほど外側に着地した。JAXAの吉川真准教授は「予定地に近いところには降ろせた」と話した。

 ボールは反射材で覆われている。はやぶさ2はフラッシュをたいて反射する光をとらえ、着陸の手掛かりとする。

最終更新:11/8(木) 19:00
共同通信

あなたにおすすめの記事