ここから本文です

ロシア哨戒機、日本海飛行=潜水艦情報収集か、空自機スクランブル

11/8(木) 21:38配信

時事通信

 防衛省統合幕僚監部は8日、ロシア軍の哨戒機「IL38」1機が山陰沖から北海道沖まで飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。

ロシア機、挑発エスカレートか=米EP3電子機にアフターバーナー-黒海

 領空侵犯はなかった。

 哨戒機「IL38」は8日午前から午後にかけて飛行した。島根県・隠岐の島沖を西進し、山口県沖でUターン。日本海を東進し青森県沖から北海道沖合に抜け、ロシアに向かった。

 確認されたIL38は潜水艦を探知する対潜哨戒機で、情報収集とみられる。機首の下にはレーダーを保護する半円形の「レドーム」が見え、機体後部には潜水艦が発する磁気を探知する装置を備えているという。

 IL38は10月18日にも能登半島沖から秋田県沖までの飛行が確認されている(時事通信社編集委員 時事総研 不動尚史)。 

最終更新:11/15(木) 21:37
時事通信

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ