ここから本文です

日産、北米苦戦で減収減益

11/8(木) 19:09配信

共同通信

 日産自動車が8日発表した2018年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比2.1%減の5兆5327億円、純利益が10.9%減の2462億円と減収減益だった。中間決算の減益は3年連続。北米での販売台数減少が響いた。米中貿易摩擦など海外の主力市場で不透明感が強まる中、不振が続いている。8日に出そろった自動車大手7社の決算はトヨタ自動車やホンダなど4社が増益だった。

 日産の軽部博最高財務責任者(CFO)は横浜市の本社で記者会見し、米国市場について「時間をかけ販売の質の改善に取り組む」と述べた。減益は鉄鋼などの原材料価格の高騰も影響した。

最終更新:11/8(木) 19:12
共同通信

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ