ここから本文です

関ジャニ・大倉忠義 一部ファンの“ストーカー行為”に「限界」「寿命が縮まっているのではないか」

11/8(木) 23:48配信

スポニチアネックス

 関ジャニ∞の大倉忠義(33)が8日、グループのファンサイトでブログを更新し、一部ファンの過剰なつきまとい行動について「そろそろ限界だ」と訴えた。

 大倉は「今回は賛否あるであろう事をわかった上で書かせていただきます」とし「僕たちは、メディアに出る仕事をしています。“みなし公人”などと呼ばれる分類に入ったりもするそうです」と自らの立場を理解した上で、番組観覧の募集をしている収録時に執ように追いかけてきたり、自分たちにぴったりくっつくことを目的に周りが見えなくなり、一般人に体当たりするだけでなく、カバンの中に物を入れられたり、突然手をつながれたりする“ルール違反”をするファンがいることを明かし「身勝手な行動が精神的に辛いです。このまま耐え続けられるのだろうか、と」と胸の内を吐露した。

 また、友人と食事をしている際に駅や空港にいつもいるファンが横のテーブルにいることもあり、「ストーカー行為ではないのか」とつづり「もし男性が同じような行動をしていたらニュースになっているんじゃないのか」と訴えた。これまでは「無視することが最大の抵抗だと思っていました」とするが、「もう、ストレス以外のなにものでもない。原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる」とした。

 さらに、大阪の番組収録に行くことが「すごく憂鬱」としながらも、待っているスタッフやファンのために出かけているとし、「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」と苦しい思いの吐露で結んでいる。

 ジャニーズ事務所はこれまでもファンのマナーについて注意喚起してきた。しかし、違反行為は度々起きており、ついにタレント本人が厳しい言葉で呼び掛けるという異例の事態となった。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ