ここから本文です

ルーニー 2年ぶりイングランド代表へ!聖地ウェンブリーでの米国戦に“限定復帰”

11/9(金) 1:58配信

スポニチアネックス

 イングランド・サッカー連盟は8日、今月行われる欧州ネーションズリーグのクロアチア戦と米国との親善試合に向けたメンバー28人を発表。米1部DCユナイテッド所属のFWウェイン・ルーニー(33)が2年ぶりに代表招集された。ただし、ルーニーの招集は米国戦の1試合限定で、聖地ウェンブリーで行われるこの1戦が“代表引退試合”となる見込み。

 ルーニーは代表通算歴代2位の119試合に出場。さらに歴代トップの53得点を記録するなどイングランド代表として14年にわたり活躍。2016年11月のスコットランド戦を最後に代表活動を退いていた。今回は自身が持つ財団のチャリティーマッチとして組まれた米国戦ということもあり、特別出場する予定だ。

 チームは15日に米国と、18日にクロアチアと対戦予定。2戦ともウェンブリースタジアムで開催される。

 また、欧州ネーションズリーグで1勝1分け1敗の2位につけるイングランドは最終戦のクロアチア戦に向けてFWケインやMFアリ、DFストーンズら主力を招集。DFマグワイアは負傷のため招集外となったが、今季プレミアリーグで6得点と活躍中のFWウィルソンを初招集。下部リーグも経験した26歳FWが代表デビューを飾れるか注目だ。

 <イングランド代表メンバー>

 【GK】ジョーダン・ピックフォード(エバートン)、ジャック・バトランド(ストーク・シティー)、アレックス・マッカーシー(サウサンプトン)、マルクス・ベティネリ(フラム)

 【DF】レウィス・ダンク(トットナム)、マイケル・キーン(エバートン)、ジョー・ゴメス(リバプール)、トレント・アレキサンダーアーノルド(リバプール)、ベン・チルウェル(レスター)、キーラン・トリッピアー(トットナム)、カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティー)、ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティー)、ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)

 【MF】ロス・バークリー(チェルシー)、ルベン・ロフタスチーク(チェルシー)、ファビアン・デルフ(マンチェスター・シティー)、デレ・アリ(トットナム)、エリック・ダイアー(トットナム)、ハリー・ウィンクス(トットナム)、ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)、ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)、ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)

 【FW】ハリー・ケイン(トットナム)、ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティー)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)、ダニー・ウェルベック(アーセナル)、カラム・ウィルソン(ボーンマス)、ウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事