ここから本文です

【エリザベス女王杯】GIで2着4回のリスグラシュー、8度目の挑戦で悲願のGI制覇なるか

11/8(木) 18:23配信

サンケイスポーツ

 リスグラシュー(4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が、悲願のGI初制覇を目指す。同馬は、これまでGIに7回挑戦し、2着4回の成績を残している。リスグラシューは、秋初戦の府中牝馬Sでは2着という結果だったが、8度目のGI挑戦で初のタイトルを手中におさめることができるだろうか。なお、過去10年のエリザベス女王杯では、昨年のモズカッチャンなど7頭がGI初勝利を挙げている。

 また、今回、リスグラシューにはJ.モレイラ騎手が騎乗する。同騎手は、今年のJRA競走で56勝を挙げており、重賞もキーンランドC、毎日王冠の2勝を挙げている。モレイラ騎手は、サングレーザーに騎乗した天皇賞では2着に入ったが、エリザベス女王杯でJRA・GI初制覇を遂げることができるだろうか。なお、モレイラ騎手は、JRA所属外騎手では12人目となるJRA通算100勝まであと6勝に迫っている。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事