ここから本文です

ジャック・ホワイト、公演で女性同士のキスが止められたことに「本当にガッカリ」

11/8(木) 12:43配信

BARKS

ジャック・ホワイトが、先週(11月2日)カナダ・エドモントンで開いた彼の公演で、客席にいた2人の女性がキスしようとしたところ、会場のスタッフから止められたというニュースを知り、「本当にガッカリされられた」とコメントした。

◆ジャック・ホワイト画像

同国のCBC Newsは、「ガールフレンドを抱きしめたら、スタッフが私たちの間に入って、“ここではそういうのは許されていない”と言われた」という、その女性の体験談を報じた。会場のマネージャーはその後、彼女たちに謝罪したそうだが、女性は「こんなことが起きるなんて想像もしてなかった」「傷ついた」と話した。

これを知ったホワイトは、1964年ザ・ビートルズのコンサートで撮られたという2人の女性の写真と共に、こんなメッセージをインスタグラムに投稿した。

「この写真は、1964年ザ・ビートルズのコンサートで、オーディエンスがバンドに向かい叫び声を上げている中、レズビアンのカップルがキスを交わしているところだ。僕が気に入っている写真の1枚だ。だって、なんて美しいシチュエーションなんだ;彼女たちは丸見えの中に潜んでいる。2018年のいま、愛情を表現するのを隠さなくてはならないなんておかしい。エドモントンでの僕のコンサートの最中、2人の女性がキスするのを止められたというニュースには、本当にガッカリさせられた。次のカルガリーでの公演では、その2人の女性に“love interruption”という曲を捧げ、オーディエンスのみんなに愛する人にキスするよう促した。いつだろうがどこだろうが、できる限り、愛と容認を奨励しよう」

Ako Suzuki

最終更新:11/8(木) 12:43
BARKS

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ