ここから本文です

ドローンで書類配送 小高、浪江局間で開始 日本郵便

11/8(木) 11:56配信

福島民報

 日本郵便は七日、小型無人機(ドローン)を使い、福島県南相馬市小高区の小高郵便局と浪江町の浪江郵便局間で局内向け書類やチラシの輸送を開始した。操縦者がドローンを目視せずに操り、機体の監視補助者を置かない運航形態は国内で初めて。荷物や郵便物の配送に向け実用化のめどを探る。 
 初フライトでは年賀状のチラシや南相馬の高校生が考案した菓子、小高区の児童が描いたドローンの絵を積載し、午前九時すぎに小高郵便局の屋上を離陸。十五分ほどで約九キロ離れた浪江郵便局に着き、吉田数博町長が荷物を受け取った。 
 計画によると、最高速度は時速約五十四キロ。住宅地を極力避け地上三十~六十メートルを飛行する。荷物は二キロまで積める。パラシュートを搭載し、強風や電波障害などで航行できなくなった際は緊急着陸所に降りる仕組み。来年三月末まで毎月六日間、一日最大で二往復する予定。 
 日本郵便の小池信也執行役員郵便・物流事業企画部長は「飛行データを蓄積して安全性を高め、実用化につなげたい」と語った。 
 九月に国土交通省の基準が改正され、機体へのカメラ設置など安全対策を施すことで補助者なしでも飛行可能となった。 

福島民報社

最終更新:11/8(木) 12:16
福島民報

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ