ここから本文です

「会津地鶏とキノコの鶏肉団子」など8品 東京の人気店、提供へ

11/8(木) 12:00配信

福島民報

 福島県内各地の農畜産物を使い十二日から二十日まで東京都港区赤坂の人気料理店「トゥーランドット臥龍居」で限定販売される高級コース料理が決まった。金山町特産のマコモタケと二本松市産の牛肉の煎(い)り焼き、会津地鶏とキノコの鶏肉団子、会津伝統野菜の立川ゴボウといわき市産の野菜を用いたスープなど食材を生かした八品を提供する。 
 高級コース料理の名称は「福島食材コース」。他に、山菜を用いた酸辣スープ麺、ブルーベリーと蜂蜜を用いた冷菓などが含まれる。税込み一万二千円。単品料理もあり、会津地鶏のチャーハン(税込み千五百円)などが味わえる。 
 メニューは著名な料理人の脇屋友詞さんが十月に県内の生産地を視察し、考案した。県商工会連合会、全国商工会連合会が脇屋さんと生産者を橋渡しした。 
 県産農林水産物は東京電力福島第一原発事故後に流通量や取引価格が低下し、多くの品目で現在も事故前の水準に戻っていない。優れた県産食材を高級料理として首都圏の消費者に味わってもらい、県産品のイメージ向上につなげる。 
 問い合わせはプロジェクト運営会社のふるさとサービス 電話03(6550)8227へ。 

福島民報社

最終更新:11/8(木) 12:09
福島民報

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ