ここから本文です

白昼堂々“3800万円”強奪…銀行で現金下ろした直後の78歳男性が男に襲われる 名古屋

11/8(木) 19:23配信

東海テレビ

東海テレビ

 名古屋市中区の路上で8日午後、78歳の男性が突然、男に押し倒され、現金3800万円の入ったバッグを奪われました。男は逃走し、警察が強盗事件として捜査しています。

 名古屋市中区栄一丁目。名古屋の中心部で白昼堂々、現金3800万円あまりが奪われました。

記者リポート:「現場になったのは飲食店やマンションなどが並ぶ細い路上でした」

 警察によりますと、8日午後2時半ごろ、地下鉄伏見駅近くの路上で78歳の男性が乗用車から降りたところ、突然後ろから近づいてきた男に体当たりされ、持っていたショルダーバッグを奪われました。

 ショルダーバッグには現金およそ3800万円が入っていて、男性は男に体当たりされた際に転倒しましたが、ケガはありませんでした。

目撃者の男性:
「男が逃げていくのを見ました」
Q.どんな男でした?
「身長170センチくらい。ドロボー!っていう声が聞こえました」
別の目撃者の男性
「(被害者が)押し倒されてバッグを盗まれたと言っていた」

 ショルダーバッグを奪った男はそのまま走って東の栄方面に逃げたといいます。

 警察によりますと男性は不動産関係の取引のため、市内の銀行で現金を下ろした直後だったということです。

 男は身長170センチくらいのやせ型で、上下黒のジャージ姿にニット帽とマスクを付けていたといいます。

 男は男性が多額の現金を持っていると事前に知ったうえで計画的に襲ったのでしょうか…。警察は強盗事件として逃げた男の行方を追っています。

 現場は、地下鉄伏見駅から南西におよそ600mの場所で、御園通の南側ですが、現場の通りは、一本入るだけで、
コインパーキングやマンション、オフィスなどが立ち並ぶ場所になり、近所の人によりますと、事件があった時間帯は
人通りが少ないということです。

東海テレビ

最終更新:11/8(木) 20:28
東海テレビ

あなたにおすすめの記事