ここから本文です

【NFL】49ers、鮮烈デビューのQBムレンズを再び先発起用へ

11/8(木) 15:37配信

NFL公式サイト日本語版

鮮烈なデビューを飾ったクオーターバック(QB)ニック・ムレンズがNFLでの2度目の先発出場の権利を獲得した。サンフランシスコ・49ersのヘッドコーチ(HC)カイル・シャナハンはムレンズとC.J.ビーサードに対し、マンデーナイトに開催されるニューヨーク・ジャイアンツ戦でムレンズを先発に起用すると伝えたようだ。これは『NBC Sports Bay Area(NBCスポーツ・ベイエリア)』のマット・マイオッコが伝えたもので、後にチームはこの動きを正式に発表している。

【画像】2018年レギュラーシーズンの激闘

サザン・ミシシッピ大学出身でプロ2年目のムレンズは34対3で快勝した“ベイ対決”となるオークランド・レイダース戦で印象的な活躍をした。

ムレンズは22回のパスを投じて16回の成功、262ヤード、タッチダウン3回を記録して勝利を挙げている。『NFL Research(NFLリサーチ)』によると、この日のムレンズはパサーレーティング151.9を記録し、これは1990年以降のQBがプロデビュー戦で記録したいかなるもの(20分以上の出場)よりも高いパサーレーティングだったようだ。また、ムレンズの記録は今シーズンを通しても8番目に高いレーティングであり、49ersのQBとしてはアレックス・スミスが2012年10月29日に記録した以降で最も高い数字でもあるとのことだ。

次戦の先発を任されても、ムレンズが入念な事前準備のルーティーンを変えることはないようだ。

6日、ムレンズは「チームは試合に向けて準備しているし、他の週とは何も変わっていない。自分の準備も変わらないさ。このチームの準備が変わることはないし、みんなこの感じでどんどん行こうと思っているんだ」と明かした。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ