ここから本文です

紅葉とクリスマスイルミネーションの競演となるかも?!?立冬といっても冬はどこ???

11/8(木) 11:30配信

CBCテレビ

きのう11月7日は、二十四節気の一つ「立冬」。いよいよ、この地方でも山間部などでは冬の気配も感じられるようになってくる・・そんな季節の始まりです。
この「二十四節気」についてよく質問をいただくのが、『これは旧暦ですか?旧暦だから、「立冬」といっても冬っぽくないのでしょうか???』というもの。

 確かに、「暦の上では冬ですが・・・」などという表現、この時期の天気予報でよく聞かれます(;^_^A)しかしこの二十四節気は、いわゆる旧暦といわれる月の満ち欠けを基にした『こよみ』とは異なり、太陽の動きを基にした『こよみ』。ですから、むしろ新暦(太陽暦)に近いものです。

 そもそも、この「二十四節気」の生まれは、中国の戦国時代(紀元前6~3世紀)ごろのこと。月の満ち欠けを基にした太陰暦や太陽太陰暦しかなかった時代に、いくら閏月(うるうづき)があるとはいえ、日付と季節変化が毎年ずれるのは不便だ!!ということから「季節の変化を知ることができる目安としての暦がほしい」と生まれました。(諸説ありますが)

 そんなきっかけで、ゼロからのスタートでしたから、最初から24の区切りが生まれたのではなく、最初は冬至・夏至・春分・秋分の4つだったそうです。徐々に区切りが細かくなり、今の形に。また、(北半球で)太陽の高さが最も高い・低い日を「冬至・夏至」と呼び始めたように、この【こよみ】の中で「夏」や「冬」と呼ぶ時期は、「暑い・寒い」季節ではなく、「昼間が長い・短い」季節のこと。「立冬」や「冬至」という言葉は気温変化に紐づけられているわけではないので、『冬とは言っても寒さはまだまだ・・』となるのです。

 加えて今年は、「異常天候早期警戒情報(かなりの高温・東海地方)」が出ているとおり、グングン日は短くなる季節ですが、気温の下がり具合はそれほどでもなく。しばらくは10月~11月初旬並みの陽気が続きそう。紅葉の色づきの進みにも、影響が出る可能性がありそうです。ひょっとすると、紅葉とクリスマスイルミネーションの競演となるかも?!?

CBCアナウンサー沢 朋宏
東海地方の放送局で初のアナウンサー・気象予報士。現在、CBCテレビ「ゴゴスマ」(月~金13:55OA)CBCラジオ、「花咲かタイムズ」(毎週土曜9:25OA)などで気象解説を担当。その他、CBCラジオ「ことばのおもちゃばこ」(朗読番組・毎週日曜12:20~)や「多田しげおの気分爽快!!~朝からP.O.N.」などに出演

最終更新:11/8(木) 11:30
CBCテレビ

あなたにおすすめの記事