ここから本文です

転落死の4歳男児 踏み台登り、柵を越えたか

11/8(木) 21:37配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 東京・江東区のマンションから4歳の男の子が転落し、その後、死亡が確認されました。警視庁は男の子が誤って転落した可能性があるとみて調べています。

 警視庁によりますと、11月7日午後5時半すぎ、江東区東雲のマンションで「上から子どもが落ちてきた」と110番通報がありました。警察官が駆け付けたところ、マンションの敷地内で4歳の男の子が倒れていて、病院に搬送されましたがその後、死亡が確認されました。男の子は7階から転落したとみられていて、玄関先の外廊下にはおよそ1メートルの柵がありましたが、その近くに高さ10センチほどの踏み台が残されていたということです。

 警視庁は男の子が外廊下に持ち出した踏み台の上に乗っていて、誤って転落したとみて調べています。当時、男の子は1人で留守番をしていたとみられ、母親が帰宅する時間帯だったということです。

最終更新:11/8(木) 21:43
TOKYO MX

あなたにおすすめの記事