ここから本文です

「相棒」が2週連続で1位! トップ3常連「リーガルV」は放送休止(10月29日~11月4日期間 ドラマ視聴率ランキング)

11/8(木) 16:18配信

トレンドニュース(GYAO)

10月29日~11月4日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。10月31日に放送されたテレビ朝日系「相棒season17」第3話が15.6%を記録し、第1位を獲得した。前週2位のテレビ朝日系「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」は、「SMBC日本シリーズ2018 第5戦」の生中継延長により放送休止となった。

【無料配信】「下町ロケット」最新話を配信中>>

■第1位 テレビ朝日系「相棒season17」第3話(10月31日放送) 15.6%

警視庁特命係の係長・杉下右京(水谷豊)が、自身の下についた相棒とともに超人的な推理力で難事件を次々と解決していく刑事ドラマ。season14から相棒を務める冠城亘(反町隆史)が引き続き登場するほか、元サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)が“3人目の特命係”として加入した。

右京が愛読している辞書『千言万辞』を担当している編集者が何者かに殺された。『千言万辞』は言語学者の大鷹公介(森本レオ)がほぼ1人で編んでいたが、言葉へのこだわりが強すぎて作業が遅れがちだった。捜査を開始した特命係は、殺害された編集者が、主幹を共同編者の国島弘明(森田順平)に交代しようともくろんでいたことを知り――。

■第2位 TBS系「下町ロケット」第4話(11月4日放送) 13.3%

原作は、池井戸潤の小説『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』(小学館刊)。自社開発のバルブシステムが日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に採用されるなど、佃製作所の経営は順調だった。しかし、帝国重工の業績が悪化し、ロケット事業からの撤退の可能性が浮上してしまう。そんな中、佃航平(阿部寛)は農家でトラクターを運転したことをきっかけに新たな夢を抱くのだった。

佃製作所は、ベンチャー企業「ギアゴースト」買収へ本格的に動き出したが、顧問弁護士の神谷修一(恵俊彰)から「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられる。航平とともに話を聞いていた「ギアゴースト」社長・伊丹大(尾上菊之助)は、社内に裏切り者などいるわけがないと神谷の意見を退けた。しかし、思わぬ形で内通者の存在を知ることになり――。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事