ここから本文です

西から天気下り坂 あす9日は全国的に雨や雷雨 激しく降る所も

11/8(木) 12:29配信

ウェザーマップ

 きょう8日(木)は北日本の太平洋側や関東北部を中心に雲が広がっているが、そのほかは晴れている所が多くなっている。ただ、天気はゆっくり下り坂に向かっており、あす9日(金)は広い範囲で雨となりそうだ。
 雷を伴って激しく降る所もあり、南風も強まるため、落雷や竜巻などの激しい突風、強風、高波に注意が必要となる。

西から雨 激しい雷雨や強風に注意

 低気圧からのびる前線が近づく影響で、西から天気は下り坂に向かっている。
 九州など早い所ではきょうの夕方には雨が降り出し、夜には北部を中心に激しい雨や雷雨になる所もありそうだ。

 前線の通過に伴って雨雲は東へと移るため、日付が変わる頃には中国・四国でも雨が降り出してくる。
 あすの明け方から朝にかけては近畿で本降りの雨となり、日中は東海で雨脚が強まる見通し。

 関東や北陸、北日本も湿った空気の影響で午前中から雨が降りやすく、雷を伴う所もある見込み。
 北日本は夜が雨のピークとなりそうだ。

 また、前線の通過に伴って南よりの風も強まるため、強風や高波にも注意が必要となる。
 ただ、前線が離れると雨雲も離れていくため、西日本では昼頃には晴れ間が戻ってくる見通し。

気温は高め 雨でも寒さはなく

 気温は全国的にこの時季としては高めとなる。
 最高気温は東海から西では22℃前後の所が多く、九州では宮崎など、25℃以上の夏日となる所もありそうだ。

 北日本の福島や仙台、秋田でも20℃前後まで上がり、10月上旬から中旬並みの気温となる見通し。(気象予報士・多胡 安那)

最終更新:11/8(木) 12:33
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事