ここから本文です

大島優子、1年ぶりイベントで笑顔 フラッシュを浴び「嬉しい、身がキュッとなった」

11/8(木) 12:01配信

MusicVoice

 大島優子が8日、都内でおこなわれた、スマホゲーム『ファントム オブ キル』新CM発表会に出席。昨年8月から海外に渡っていた大島。約1年ぶりとなるイベントで多くのフラッシュを浴び、「本当に嬉しいです」と笑顔をみせた。

 『ファントム オブ キル』はスマホ向けシミュレーションRPG。これまでに500万DLされている。伝説の武器の名を持つ謎の少女たちのドラマティックなストーリーやユニット育成、豪華声優陣のボイスと迫力の3Dバトル演出が楽しめる。

 2010年4月に提供開始し、4周年を迎えることを記念して新テレビCM『ファントム オブ キル 4周年篇』を9日から全国で放映。大島はそのCMに出演。自信に満ち溢れた白いワンピース姿でこの4年間を振り返りながら新たなステージへ進む期待感を力強く表現する。

 今回の起用理由をプロデューサー・今泉潤氏は「国民的な人に出てもらいたいと思った」と説明。これを受け大島は「私は国民的じゃないです」と謙遜した。

 帰国後すぐに臨んだという撮影は「サクサク」と進んだようだ。CMで見てほしいポイントとして大島は、ゲーム開始4周年とかけて「AKB卒業してから4年。4年の歳月を感じながら歩いてくださいと監督に言われたので、そこですかね」と語った。

 10月17日に30歳の誕生日を迎えた。節目の記念日は「特になにもしていないです。友達と誕生日会をしたということもなく、さーと終わりました」という大島に、誕生日と新たな門出を祝って、この日は特大のケーキが用意された。大島は「これ本物ですか?」と言いつつも「嬉しい!」と喜び、ローソクの火を吹き消した。

 そんな大島は昨年8月から海外に渡っていた。この日は1年ぶりのイベントとなる。

 大島は「楽しかった」とイベントを振り返りながら「たくさん集まってくださって、本当に嬉しいです。皆さんにカメラを向けられて一瞬、ドキッとしましたけど、これぐらいのフラッシュを浴びて身がきゅっとなりました」と笑顔を見せた。

 「人生チャレンジ」と称し、アメリカで生活を送っていたという。現地では運転免許を取得して、自身が運転する車で10日間かけ縦横断するロードトリップをしたという。

 そんな1年を振り返り「アメリカではいろんな経験をさせて頂きました。待ってくれるファンの前に戻ってこられたことを嬉しく思いますし、待ってくれた皆さんにとても感謝しています」と思いを明かした。

 また、今後の目標については「プライベートは、ゆっくり心地よい生活ができたらいいな、毎日笑っていられたら。仕事は、改めて自分の気持ちに気合いを入れて。本格的なお芝居を始めていないので、いろんな経験を踏まえて自分がどうお見せできるか、不安と期待でいっぱいです」と述べた。

最終更新:11/8(木) 13:05
MusicVoice

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ