ここから本文です

FA浅村「数日前に決断した」渡辺SD既に3度交渉

11/8(木) 10:31配信

西日本スポーツ

 西武の浅村栄斗内野手(27)が7日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見し、FA権の行使を表明した。同日に関係書類を提出。「他球団の評価を聞きたい率直な思い。一野球人として他球団にどのように評価してもらえるのか」と理由を明かした。

【プロ野球 年俸上位者ランキング】

 プロ10年目の今季は球団新記録の127打点で自身2度目のタイトルを獲得。打率3割1分、32本塁打をマークし、主将として西武の10年ぶりのリーグ優勝をけん引した。「優勝と日本一を目指して頑張ってきた。CSが終わってから(FAを)考え、数日前に決断した」と経緯を説明した。

 ソフトバンクも獲得に乗り出すことを明らかにするなど、西武を含めた複数球団による争奪戦が予想される。球団側は宣言残留を容認しており、「外に出て行くからと行使したわけではない。自分があるのはライオンズのおかげ。ライオンズを最優先で考えていきたい」と移籍が前提ではない考えを示した。

 西武の渡辺久信シニアディレクター(SD)は既に3度交渉しており、「浅村がいないのはすごく戦力的にダウンになる。日本一を目指してほしいと伝えた」と今後も残留交渉を継続する意向を示した。

西日本スポーツ

最終更新:11/8(木) 17:37
西日本スポーツ

あなたにおすすめの記事