ここから本文です

前線通過で西から荒れた天気に 落雷や突風に注意

11/8(木) 16:53配信

ウェザーマップ

 日本付近を寒冷前線が通過する影響で、西日本ではこのあとも9日(金)夕方にかけて、東日本と北日本では9日から大気の状態が非常に不安定となる。落雷や竜巻などの激しい突風や雹(ひょう)、局地的な激しい雨に注意が必要だ。

 前線を伴った低気圧は黄海を北東に進んでいる。低気圧は発達しながら9日朝には日本海に進み、その後、沿海州付近を北上する予想だ。
 この低気圧からのびる寒冷前線が、8日(木)夜から10日(土)にかけて日本付近を通過するため、前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が非常に不安定となる予想だ。

 西日本では、前線に近い九州北部地方を中心に雷の発生している所がある。西日本では引き続き9日夕方にかけて、東日本と北日本では9日から、落雷や竜巻などの激しい突風や雹(ひょう)、局地的な激しい雨に注意が必要だ。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努める必要がある。

 夜間は積乱雲の接近に気付きづらいため、雨風が強まって、空が光りはじめたら出来るだけ屋内で過ごすようにしたい。

最終更新:11/8(木) 16:59
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ