ここから本文です

ホンダ「CB125R」をベースにスタイルを一新! 注目のコンセプトモデルが登場【EICMA2018現地レポート】

11/8(木) 12:41配信

くるまのニュース

ホンダ「CB125R」をベースにしたHonda R&D Europe主導のプロジェクト

 ホンダはイタリアで開催中のEICMA2018で、「CB125R」をベースにしたコンセプトモデル「CB125M」と「CB125X」を披露しました。

ホンダ「CB125M/CB125X」の画像を見る(13枚)

 ヨーロッパ地域の研究開発拠点であるHonda R&D Europe(ローマ)によるこの2台は、2018年に欧州市場で前年比25%もの成長を見せた125ccクラスのユーザー層への新たな提案と言えるものです。

 スーパーモタードを意識した「CB125M」は、シャープなラインとコンパクトなサイズが特徴で、高く跳ね上げられたシート周りのデザインがスタイリッシュさを演出。超小型のLEDヘッドライトの採用することで未来的なスタイリングを実現しています。

 同社の「VFR800X」同様、「X」系モデルならではのエッジの効いたラインを取り入れることでアドベンチャーを意識したデザインとされています。

 フロントカウルのセンター部に加え、タンク横に備えられたシュラウドの内側にもライトを配置するなど、「CB125M」同様、未来的なスタイルとされています。

くるまのニュース編集部

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ