ここから本文です

海外メディアはメイウェザーを批判「約束を破った」「彼の発言を信じるのは愚か」

11/8(木) 14:21配信

THE PAGE

プロボクシングの元5階級王者のフロイド・メイウェザー・ジュニア(41、アメリカ)が8日、大晦日にさいたまスーパーアリーナで行う予定だった天才キックボクサー、那須川天心(20、TARGET/Cygames)との異種格闘技マッチの交渉舞台裏を暴露してキャンセルする考えであることを自身のインスタで示した問題を海外メディアは大きな反響をもって伝えた。
 メイウェザーは「話が違った」「公式試合に合意したことはなかった」などと主張したが、海外メディアは記者会見に出席しておきながら、わずか3日後に、突然、一方的な暴露で大晦日の試合を白紙に戻した『ザ・マネー』に対して批判的な内容の報道が目立った。
 
 米のヤフースポーツは「メイウェザーが、那須川との対戦は『合意したことはない』『RIZINに騙された』と明かす」との見出しを取り、「メイウェザーの那須川との対戦発表は驚くべき出来事だったが、メイウェザーの水曜日のインスタグラムの発表はさらに爆弾発言だった」と伝える記事の中で一連のメイウェザーの動きに疑いの目を向けた。

「格闘技ファンは騙されてしまった。彼を長年真摯に支えてきたファンは騙されてしまった。楽な報酬を受け取る代わりにイベントに注目が集まるように彼が仕組んだ出来事のようにも見える」と報じた。
 そして、5日に東京で行われた記者会見では、雄弁に那須川戦について語っていた事実を問題視した。

「もし彼のインスタグラムの内容を信じるのであれば、彼は、丁重な姿勢で戦いに合意したかのように黙ったまま記者会見に出席したということだ。彼は、それを信じてもらいたいのだろうが、これを信じるのは愚か者だ」
 
 メイウェザーの性格からして「話が違う」のに、それを押し黙ったまま、わざわざ日本まで出向いて記者会見に応じることはない、と推察するのだ。

 記事はかつてメイウェザーのプロモーターを務めていたトップランク社のCEO、ボブ・アラム氏の「アラム氏と友人がある夜に飲みに出かけた時、ある選手とある選手の対戦についてのメリットを議論し合った。翌日アラム氏は、明らかに違う立場を取っていた。友人が彼に矛盾点を指摘すると、アラム氏は『昨日は嘘をついていた。今日は本当のことを話す』と答えた」というエピソードを紹介。巨額が動く興行の世界で、こういう問題が、時々起きることを明らかにした上で、「これはまさにメイウェザーが言っていることのようだ。昨日記者会見に出て、質問に答えて那須川の技術について話したときは、嘘をついていた。今日、自分はこの選手と戦う意思は全くなかったと本当のことを伝えている、という風に」と指摘した。

 また同記事は、メイウェザーが、この数か月間で6階級王者のマニー・パッキャオと、東京で偶然出会った際の1枚の写真を含めて、日本で撮影していた写真を数多くインスタに投稿していたことも問題視した。
「(パッキャオとの写真で)メイウェザーとパッキャオの再戦が来年のどこかで行われるとの憶測を呼んだ。RIZINとの茶番もあって、今は、もうメイウェザーが何を言っても信じることは難しい」と批判を重ねた。

1/2ページ

最終更新:11/9(金) 7:42
THE PAGE

あなたにおすすめの記事