ここから本文です

2018年、14億ドルとともに消えたスタートアップ12社

11/8(木) 20:14配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

俳優アシュトン・カッチャーやNBA選手ケビン・デュラントといったセレブが投資したからといって、すべてが成功するわけではない。

【全写真】2018年、14億ドルとともに消えたスタートアップ12社

スタートアップ10社のうち9社が失敗に終わるといわれている。そして、ベンチャー投資家が注ぎ込んだお金も消える。

2018年に失敗に終わったスタートアップ12社をピッチブックが調べたところ、合計14億ドル(約1600億円)が注ぎ込まれていた。

2018年、最大の失敗劇は血液検査のスタートアップ、セラノス(Theranos)。10億ドル近くを集めたが、その技術を証明することはできず、CEOは詐欺などの容疑で起訴され、同社は解散に追い込まれた。

2018年、失敗に終わったスタートアップ12社を見てみよう。

(※全写真は記事上部のリンクから)

セラノス(Theranos):血液検査技術

設立 : 2003年

最大評価額 : 90億ドル

調達額 : 9億1000万ドル

リシンク・ロボティクス(Rethink Robotics):産業用ロボット(協働ロボット)

設立 : 2008年

最大評価額 : 2億9100万ドル

調達額 : 1億5000万ドル

Shyp:配達代行サービス

設立 : 2013年

最大評価額 : 2億7500万ドル

調達額 : 6200万ドル

Apprenda:開発者向けクラウド・ソフトウエア

設立 : 2007年

最大評価額 : 9000万ドル

調達額 : 5600万ドル

Airware:ドローンデータ解析

設立 : 2011年

最大評価額 : 5900万ドル

調達額 : 1億400万ドル

Alta Motors:電動オートバイ

設立 : 2010年

最大評価額 : 不明(2016年11月時点では、5500万ドル)

調達額 : 4400万ドル

Primary Data:自動化ソフトウエア・プラットフォーム

設立 : 2013年

最大評価額 : 5200万ドル

調達額 : 8900万ドル

CareSync:個人向け医療情報管理ソフトウエア

設立 : 2011年

最大評価額 : 4600万ドル

調達額 : 2600万ドル

ブルースマート(Bluesmart):スマート・スーツケース

設立 : 2013年

最大評価額 : 4100万ドル

調達額 : 3000万ドル

Lantern:セラピー・アプリ

設立 : 2012年

最大評価額 : 3700万ドル

調達額 : 2200万ドル

Raden:スマート・スーツケース

設立 : 2005年

最大評価額 : 1200万ドル

調達額 : 350万ドル

Fieldbook:データベース・ソフトウエア

設立 : 2013年

最大評価額 : 1100万ドル

調達額 : 300万ドル


[原文:12 startups that failed this year and took $1.4 billion in VC funding with them]

(翻訳、編集:増田隆幸)

最終更新:11/8(木) 20:14
BUSINESS INSIDER JAPAN

あなたにおすすめの記事