ここから本文です

メンズエステ称し禁止地域で性風俗店、容疑の姉妹ら逮捕 妹が経営、姉が店長…売上金の流れなど捜査/県警

11/8(木) 23:31配信

埼玉新聞

 メンズエステなどと称して営業禁止地域で性風俗店を営んでいたとして、埼玉県警繁華街・歓楽街総合対策推進本部(保安課)と越谷署の合同捜査班は8日までに、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、越谷市南越谷4丁目、性風俗店「Fairy フェアリー」を摘発、いずれも中国籍で経営者の妹(33)、姉(34)=いずれも同市南越谷4丁目=の姉妹と、従業員の女2人の計4人を逮捕、送検した。

酒に酔って意識ない女性が路上に…暗がりでわいせつ行為 容疑の男逮捕 防犯カメラなどから特定/東松山署

 逮捕容疑は9月19日と10月23日、南越谷4丁目のマンション一室内で、県内の30代と20代男性に性的サービスを行い、営業禁止地域で店舗型性風俗店を営業した疑い。姉妹は容疑を認め、従業員の女2人は否認しているという。

 同本部によると、同店はホームページや看板で「リラクゼーション」「メンズエステ」などとうたって客を勧誘。1日10人前後の客を取り、90分1万2千円~180分2万3千円で性的サービスを行っていた。

 県警が4月、サイバーパトロールで違法な営業を行う店があるとの情報を得て捜査を開始。これまでに関係者8カ所を家宅捜索していた。妹が店を経営、姉が店長だったとみて、経営の実態や売上金の流れなどを調べている。

最終更新:11/8(木) 23:31
埼玉新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ