ここから本文です

都営浅草線・三田線・新宿線で「周年」記念企画 駅名標復刻、特別デザインきっぷも

11/8(木) 18:40配信

乗りものニュース

記念マーク付き電車を各路線で運行

 東京都交通局は2018年11月8日(木)、地下鉄3路線で記念マークの掲出や、記念デザイン「都営まるごときっぷ」の発売、開業時駅名標のデザイン復刻など、特別企画を実施すると発表しました。

この記事の画像をもっと見る

 浅草線は11月15日(木)に全線開業50周年、三田線は12月27日(木)に開業50周年、新宿線は12月21日(金)に開業40周年をそれぞれ迎えます。一連の企画はこれらを記念するものです。

 3路線では、記念マークを付けた電車が11月から2019年1月にかけて運行されます。浅草線は5500形1編成の車両前面、三田線は6300形2編成でヘッドマーク、新宿線は10-300形1編成で車両側面です。

 11月15日(木)からは、各路線の駅(一部除く)で、その路線の新旧車両をデザインした特別版の「都営まるごときっぷ」を自動券売機で発売。価格は通常版と同じく大人700円、子ども350円です。都営地下鉄、都バス(多摩地域含む)、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーが1日乗り放題になります。

 浅草線の西馬込駅、三田線の高島平駅、新宿線の東大島駅では、開業時のデザインで復刻した駅名標を11月15日(木)から2019年1月31日(木)まで掲出します。

 このほか11月19日(月)には、三田線開業50周年・新宿線開業40周年記念ICパスケース「タッチアンドゴー」の発売も予定。価格は700円(税込)、販売数は計100個です。三田線の日比谷駅、水道橋駅、巣鴨駅、高島平駅と、新宿線の市ヶ谷駅、馬喰横山駅、本八幡駅で販売されます。なお同商品は11月17日(土)開催のイベント「都営フェスタ」で先行販売される予定です。

乗りものニュース編集部

あなたにおすすめの記事