ここから本文です

本好きの夢かなう!四国初開催「書店に1泊ツアー」に密着

11/8(木) 18:55配信

KSB瀬戸内海放送

 読書の秋。高松市の大型書店に1泊するというユニークなイベントが四国で初めて開かれました。
 「本屋さんに住みたい!」という本好きの夢をかなえようと行われている人気企画。広い店内を貸し切り状態で本を読み放題!参加者はどのように「至福の時」を過ごしたのでしょうか?

閉店後の書店に集まった5組10人

 11月3日の午後8時45分、高松市の瓦町FLAG。
 閉店後のジュンク堂書店に足を踏み入れたのは香川、愛媛、徳島から参加した5組10人です。約17倍の競争率から抽選で参加の権利をつかみました。

(店長掛け声)
「一晩、本を読むぞー!」「おー!」

 「丸善ジュンク堂に住んでみるツアー」と題し、2014年から東京、大阪、名古屋で4回開かれたこのイベント。SNSで話題を集め、企業からの協賛グッズも充実しています。

企業からの協賛グッズで快適に…

(山下洋平リポート)
「参加者には、協賛企業からシェードにエアマット、枕、そして宿泊ということで、洗顔料やヘアブラシも提供されています。とても快適に過ごせそうです」

 さらにお菓子や水などもあり、参加者は、決められたスペースで食べたり飲んだりできます。(※本を読みながらの飲食は禁止)

母娘や夫婦…参加者の意気込みは

 香川県宇多津町から参加した親子は、高校3年生の娘さんがツイッターで企画を知り、「受験勉強の息抜きに」と母親を誘いました。

(母娘で参加/香川・宇多津町の18歳高校生)
「最近本を読めていないので、どんな本があるのかたくさん見て、たくさん本を読めたらいいなと思います」
(48歳母親)
「私は新書コーナーを片っ端から読んで制覇したいです。気になるものをバーッて。(Q.何冊くらい読めますか?)10冊は最低読みたいです」

 愛媛県西条市の夫婦は、本好きの奥さんがご主人を誘いました。

(夫婦で参加/愛媛・西条市の41歳男性)
「きょうは…新しい本を探したいと思います」
(43歳 妻)
「自分の本、探しておいでよ。いつも私の本ばっかり読んでないで」

1/2ページ

最終更新:11/8(木) 18:55
KSB瀬戸内海放送

あなたにおすすめの記事