ここから本文です

水曜日のカンパネラ、ガラパゴスツアー東京公演で池貝峻(yahyel)と「生きろ。」披露

11/8(木) 18:05配信

Billboard Japan

 2018年11月7日に新木場STUDIO COASTで開催された、水曜日のカンパネラのワンマンツアー【ガラパゴスツアー】東京公演のオフィシャル・ライブレポートが到着した。

ライブ写真(全7枚)

 本ツアーは6月リリースのEP『ガラパゴス』を携えて行われており、すでに10月には香港、台北、広州、北京、上海、杭州にて単独公演を実施してきた水曜日のカンパネラ。国内で行われる【ガラパゴスツアー】最初の公演ということもあり、フロアはまだ観ぬ水カンのパフォーマンスを待ちわびるファンで埋め尽くされ、開演前から熱気が立ち込めていた。

 定刻を迎え、会場内が暗くなると反射板を手にしたスタッフがステージ奥に位置し、スポットライトの照明を反射させて会場内に一筋の光を照らす。ステージ袖からマイクスタンドを手にしたコムアイ(主演・歌唱)が現れ、ステージ中央に立つと、照明を背中に浴びながら「キイロのうた」をゆっくりと歌い始める。歌唱中、反射板を手にしたスタッフがフロア頭上のミラーボールに光を当てると、星空のような照明が会場内に広がり、幻想的な景色が広がった。身体をくねらせながらコムアイが「かぐや姫」を歌っているとトラックが突然「チュパカブラ」に切り替わり、フロアからは拍手と歓声が上がる。「チュパカブラ」のダンサブルなトラックに身を任せてコムアイがステージ上で踊り始めると、緊張した面持ちでステージを見守っていたオーディエンスも拳を挙げて彼女のステージングに応えていた。

 「ライト兄弟」「ゴッホ」の2曲の歌唱中には複数のスタッフが反射板を手にして照明を反射させ、会場内を色とりどりの光が交錯する中でコムアイが歌声を届ける。「南方熊楠」ではステージ後方に広げた幕が波打ち始め、カラフルな照明と幕の陰影を使った演出で観る者を楽曲の世界に引き込んでいった。MCに入るとコムアイはツアー前半でアジアの各地を回ってきたことに触れ「日本に戻って参りました」とファンに挨拶。彼女はライブの楽しみ方を「地球を潜っているイメージ」「穴を掘っていった先に、またもう1回出会える」と独自の表現で伝え、「それぞれで受け取り方が違っていいので、今感じていることが正しいと思ってください」と呼びかけ、ステージ上にゲストとして池貝峻(yahyel)を呼び込んでライブを再開。フロアから花道に上がってきた池貝は、コラボ曲「生きろ。」でコムアイと声を重ね、息の合ったボーカルワークで観客を魅了した。

 「たんたかたんたんたかたん たんたかたんたんたかたん」と特徴的なイントロが流れ始めるとフロアから自然と歓声が上がる。インディーズ時代の人気曲「シャクシャイン」が繰り出されると観客たちは手拍子を鳴らし、コムアイがマイクを向ければ歌詞の一部を歌い上げ、フロアの一体感は最高潮に。続く「桃太郎(Remix)」では、叫ぶように歌う彼女のボーカルが会場を包み込んだ。「ピカソ」の歌唱に入るとコムアイは花道の縁に座り込み、ファンの目の前で歌声を届けて、最前列周辺のオーディエンスを熱狂させていた。

 「BayJuke(INST)」ではステージを赤い紗幕が包み込み、コムアイの影が幕に映し出される展開に。覆っていた幕が外れると、そのまま幕は花道を中心にフロアを覆い、コムアイは幕の中で「ウランちゃん」を歌唱。続く「愛しいものたちへ」では、いつの間にかフロアまで降りたコムアイが、観客の合間を縫うように歩き回りながら歌唱。フロアに脚立が立てられるとコムアイはそこに登り、周囲の観客一人ひとりの顔を見渡しながら歌声を届けていた。フロアにかかっていた幕が外されると「一休さん」のパフォーマンスへ。脚立の最上段に立ち上がったコムアイはまるで周囲に崇められるかのような状態の中で歌って踊り、フロアのテンションに火を点ける。「今日は来てくれてありがとう! またどこかで会いましょう」と声をかけたコムアイは、最後の曲「マルコ・ポーロ(Remix)」で脚立から降り、再びフロアを練り歩いて2階席へ向かう。フロアを見下ろし、深々とお辞儀をした彼女は、2階席の片隅で膨らんでいた大きな光を放ったグレーの物体に飲み込まれる形で会場から姿を消した。客電が点灯し、PA卓にいたケンモチヒデフミ(サウンドプロデューサー)が終演を知らせるアナウンスをすると、オーディエンスは拍手と喝采で水曜日のカンパネラのパフォーマンスを称えた。

PHOTO:トキ

◎ツアー情報
【ガラパゴス・ツアー】
<中国公演>
2018年10月12日(金)香港・Music Zone @E-Max
2018年10月13日(土)台北・Legacy TAIPEI
2018年10月17日(水)広州・Guangzhou MAO Livehouse
2018年10月19日(金)北京・Beijing格瓦拉生活・糖果TANGO 3F
2018年10月20日(土)上海・Shanghai ModernSky Lab
2018年10月21日(日)杭州・Hangzhou MAO Livehouse
<日本公演>
2018年11月07日(水)東京・新木場STUDIO COAST
2018年11月10日(土)北海道・サッポロファクトリー ホール
2018年11月30日(金)大阪・味園ユニバース
2018年12月08日(土)沖縄・ナムラホール

最終更新:11/8(木) 18:05
Billboard Japan

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ