ここから本文です

船出の原巨人、初回に坂本が痛恨の送球エラー、MLB選抜に2点先制許す

11/8(木) 18:20配信

Full-Count

先発高田は1死からモリーナ、アクーニャJr.の連打される

■巨人 – MLBオールスター(8日・東京ドーム)

 巨人とMLBオールスターチームによる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が8日、東京ドームで行われ、初回に巨人は坂本勇人内野手の送球ミスで2点の先制を許した。

【表】坂本勇、阿部、長野も 日米野球のエキシビションゲームに参加する巨人選手一覧

 この日、巨人の先発マウンドに上がったのは若手期待の高田萌生。先頭のサンタナを空振り三振に仕留めたが、続くモリーナに初球をセンター前に弾き返されると、3番でナ・リーグ新人王最有力のアクーニャJr.に中越え二塁打を許し、1死二、三塁のピンチを招く。

 だが、4番ハニガーを3球で空振り三振に斬り、5番ソトを遊ゴロに打ち取ったかに見えたが、坂本が一塁へ悪送球。一塁を守る大城が後逸する間に2走者が返り、2点の先制を許した。

 この試合が初陣となる原辰徳監督は、立ち上がりから2点のビハインドとなった。

Full-Count編集部

最終更新:11/8(木) 18:20
Full-Count

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ