ここから本文です

巨人松原、ランニング弾含む2安打3打点 「原監督の言葉通りに」猛アピール

11/8(木) 22:08配信

Full-Count

MLB選抜相手に存在感発揮「初打席は絶対に楽しもうと決めていた」

■MLBオールスター 9-6 巨人(8日・東京ドーム)

 巨人とMLBオールスターチームによる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が8日、東京ドームで行われ、巨人は6-9で敗戦。しかし、今年7月に支配下登録された松原聖弥外野手が“1軍初打席”でランニング3ランを放つなど、3打数2安打3打点と猛アピールに成功した。

【表】坂本勇、阿部、長野も 日米野球のエキシビションゲームに参加する巨人選手一覧

 試合後には、この日が“復帰初戦”となった原辰徳監督とともに会見場へ。ランニングホームランの打席について「自分の中でも1軍初打席ということで、もちろん緊張したんですけど、それは去年から、入団したときから初打席は絶対に楽しもうと決めていたので、それがいい結果に繋がったのでよかったと思います」と嬉しそうに振り返った。

 のびのび野球を掲げる原監督は「のびのび野球という部分で縛りたくないんですけど、選手たちが持っている能力というものを、自分に自信を持ってプレーすると理解していもらえばいい。まさにそれをチームの中でそれを1番で実行しているのが松原選手です」と称賛。まさにアピールに成功した形だ。

「監督も選手に対して積極的な、攻撃的なミスというか、攻撃的なプレーをしなさいとキャンプでお話してもらって、その言葉通りじゃないですけど、その言葉を肝に銘じて一日一日の練習、今日の試合も(含めて)毎日積極的にという気持ちがあったので、それが個人的にはいい結果に繋がったのかなと思います」

 原監督の目指す野球を体現する松原。来季、巨人のキーマンの一人となるかもしれない。

Full-Count編集部

最終更新:11/8(木) 23:14
Full-Count

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ