ここから本文です

半端ないって、なおみ節/流行語候補30語

11/8(木) 9:57配信

日刊スポーツ

年末の風物詩、「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が7日、発表された。冬季オリンピック(五輪)、サッカーワールドカップ(W杯)とビッグイベントが続いた今年はスポーツ界のワードが目立った。平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で銅メダルを獲得したカーリング女子代表の「LS北見」は「もぐもぐタイム」「そだねー」の2語が候補入り。ほかに「(大迫)半端ないって」「金足農旋風」「なおみ節」など、平成最後の年を彩った言葉が並んだ。年間大賞とトップ10は、12月3日に発表される。

【写真】ボーっと生きてんじゃねえよ!で有名なチコちゃん

<2018流行語大賞ノミネート30語>

◆あおり運転 前方の車との車間距離を極端に詰めるなどの危険な運転。昨年6月の東名高速道路での死亡事故をきっかけに社会問題化。警察庁は捜査の徹底を指示した

◆悪質タックル 5月のアメリカンフットボール定期戦で、ボールを投げ終えた関学大QBに日大DLが危険なタックルを仕掛け、負傷させた。日大・内田監督の責任問題に発展

◆eスポーツ 対戦型コンピューターゲームで競う新スポーツ。今夏アジア大会で公開競技となり五輪でも採用が検討されている。日本でもプロ化への取り組みスタート

◆(大迫)半端ないって サッカー日本代表・大迫勇也の高校時代の対戦相手が試合後に発した言葉。6月のW杯コロンビア戦での大迫の決勝ゴール後、SNSなどで一気に拡散

◆おっさんずラブ テレビ朝日系で4~6月に放送された深夜ドラマ。モテない男性主人公が同性の上司と後輩からピュアな恋心を寄せられるというストーリーでブレーク

◆GAFA(ガーファ) グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの米国4企業の頭文字の総称。世界時価総額でランキング上位を占め保有する個人データ量も膨大とされる

◆仮想通貨/ダークウェブ 紙幣や貨幣ではなく、電子データとしてネット送金や決済で使用される特殊な通貨。一般の人は入れない「ダークウェブ」とともに主にリスク面が話題に

◆金足農旋風 夏の全国高校野球で秋田代表の金足農が準優勝。エース吉田輝星ら地元中学出身者ばかりの公立校が、次々と私立強豪校を撃破。農業関係者も大盛り上がり

◆カメ止め 上田慎一郎監督の映画「カメラを止めるな!」の略称。新人監督とオーディションで選ばれた無名の俳優たちの短編が、各地の映画祭で称賛された

◆君たちはどう生きるか 1937年(昭12)に出版された児童小説作家・吉野源三郎の小説が漫画化され、その時代を超越した内容に100万部を超えるベストセラーとなった

◆筋肉は裏切らない 俳優武田真治らがひたすら筋トレするNHK番組「みんなで筋肉体操」の決めぜりふ。「あと5秒しかできません」とともに、そのシュールさが人気に

◆グレイヘア 白髪をあえて染めず、色あいを生かした髪形。元フジテレビアナウンサーの近藤サト(50)らが実践して、「年相応ですてき」と評判になった

◆計画運休 鉄道など公共交通機関が悪天候を見越して安全確保のため事前に運休を告知。多くの台風が上陸した今年はJR西日本や東海、東日本など各地で実施された

◆高プロ(高度プロフェッショナル制度) 証券アナリストや研究開発職など高度な専門知識を有し、一定水準以上の年収を得る労働者について、労働時間規制の対象から除外する仕組み

◆ご飯論法 「朝ご飯は食べましたか?」「いいえ。パンは食べたけど」というような言い逃れの典型。ごまかし、すり替えが繰り返される国会答弁を上西充子法大教授がツイッターで、やゆした

◆災害級の暑さ 日本列島は7月中旬以降、各地で40度前後の猛烈な暑さを記録、埼玉県熊谷市では史上最高となる41・1度を観測した。全国で熱中症による救急搬送も頻発

◆時短ハラスメント 略してジタハラ。長時間労働を改善する具体的方策も提示しないまま、経営者や管理職が、従業員に「時短だ」「はよ帰れ」と業務切り上げを強要する行為

◆首相案件 加計学園問題で、愛媛県職員が作成した記録文書に記された柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が述べたとされる言葉。柳瀬氏は面会は認めたが、発言は否定

◆翔タイム 大リーグ1年目のエンゼルス大谷翔平の活躍を表現した米メディアの言葉。二刀流でメジャーを席巻、翔平の「翔」を「SHOW」に引っ掛けてたたえた

◆スーパーボランティア 大分県の尾畠春夫さん(78)が、山口県周防大島町で行方不明だった2歳児を発見、救出。被災地でのボランティアとしての活動ぶりも紹介され、時の人に

◆そだねー カーリング女子チームが平昌五輪の試合中のコミュニケーションで連発。北海道弁のイントネーションが「たまらない」の声。子どもたちにまで急速普及

◆ダサかっこいい/U.S.A. DA PUMPの3年8カ月ぶりシングル「U.S.A」のミュージックビデオの振り付けが「ダサいけど格好いい」とネット上を中心に話題沸騰

◆TikTok スマホ向けの動画共有アプリ。音楽に合わせたダンスなどのショート動画を投稿、視聴でき、若者らにヒット。世界中で5億人のユーザーがいるとされる

◆なおみ節 女子テニス大坂なおみ(21)が全米オープンで日本人初優勝。独特の日本語で語るインタビューが話題に。9月の日本凱旋(がいせん)時は大フィーバー

◆奈良判定 山根明氏が会長を務める日本ボクシング連盟に不正があったとしてアマ関係者が告発状提出。山根氏の地元・奈良の選手に有利な判定があった疑惑も浮上

◆ひょっこりはん お笑い芸人。マッシュルームカットに黒縁メガネで「ひょっこり」と顔を出すネタが、今年正月の日本テレビ系「おもしろ荘」出演から一気にブレーク

◆ブラックアウト 9月6日、北海道で最大震度7の大地震発生。影響で苫東厚真火力発電所が完全停止し本州からの送電もストップ。道内全域が一時、真っ暗になる事態に

◆ボーっと生きてんじゃねえよ! NHKのクイズバラエティー「チコちゃんに叱られる!」で、5歳の着ぐるみ少女・チコちゃんが素朴な疑問を投げ掛け、大人が答えに窮した際の決めぜりふ

◆#MeToo 「私も」を意味する英語に#を付したSNS用語。米著名映画プロデューサーによるセクハラが告発され、同様の被害を受けた女性たちがネット上で連帯

◆もぐもぐタイム 平昌五輪銅メダルのカーリング女子日本代表メンバーが、ハーフタイムに軽食でエネルギー補給しながら作戦会議。日本中が女子会に参加した気分を味わった

最終更新:11/8(木) 10:17
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事