ここから本文です

有明体操競技場の木造アーチ公開、東京五輪へ順調

11/8(木) 9:57配信

日刊スポーツ

2020年東京五輪パラリンピック組織委員会は7日、東京・江東区に建設中の体操などの会場「有明体操競技場」の木造アーチのリフトアップ工程を報道陣に公開した。

【別カット】公開された有明体操競技場の工事現場

アーチは幅約70メートル、約200トン重さで、地上30メートルまで油圧ジャッキを使って約19メートル分引き上げられる。有明体操競技場の木材は全て国産で、総量は2300立方メートル。アーチには長野県産のカラマツなどが使われている。

清水建設の永田正道有明体操競技場建設所長は「圧縮力の強い木の特性を生かした設計。国内の同様の建築物のなかで最大の木材使用量です」と説明した。17年11月に着工し、19年10月末の完成予定。現在は順調に50%ほど進んでいるという。

最終更新:11/9(金) 17:49
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事