ここから本文です

松山英樹、池田勇太が17位発進、秋吉翔太が初首位

11/8(木) 17:13配信

日刊スポーツ

<男子ゴルフ:三井住友VISA太平洋マスターズ>◇第1日◇8日◇静岡・太平洋C御殿場C(7262ヤード、パー70)◇賞金総額2億円(優勝4000万円)

【写真】紅葉の下、ティーショットを放つ石川

今季日本ツアー初参戦の松山英樹は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの69で回り、1アンダーで首位と5打差の17位発進した。

今季2勝の秋吉翔太が64をマークし、自身初の首位発進。2打差で朴相賢(韓国)が続き、3アンダーの3位には額賀辰徳、重永亜斗夢、薗田峻輔、S・H・キム(韓国)、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)、W・J・リー(オーストラリア)が並んだ。

賞金ランクトップの今平周吾は2アンダーの9位。池田勇太、稲森佑貴は1アンダーの17位。宮里優作はイーブンパーの27位だった。

石川遼、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は5オーバーの73位と出遅れた。

最終更新:11/9(金) 15:53
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事