ここから本文です

紀平梨花「調子いい」大技対決制し日本女子初快挙だ

11/8(木) 20:16配信

日刊スポーツ

9日に広島で開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯の記者会見が8日、広島市内のホテルで行われた。

【写真】公式練習で調整する紀平梨花

女子でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器とする紀平梨花(16=関大KFSC)は、GPデビュー戦での日本人初優勝に期待がかかる。紀平は「完璧な演技をして、トリプルアクセルを決められるようにがんばります」と笑顔で抱負を語った。

トリプルアクセルはショートプログラム(SP)で1本、フリーでは2本計3本を予定。決めれば高得点となり、上位に近づく。大会に向けて安定感を高めるよう努めてきたとあり、この日の2度の練習では計14本も成功。「調子がいい」と上向きで9日のSPを迎える。

第2戦スケートカナダを制したトゥクタミシェワ(ロシア)もトリプルアクセルの使い手。「跳び方は違っているが、すごいいいジャンプを跳んでいらっしゃる。私も頑張りたい」。大技対決を制した先に、日本女子初の快挙が待つ。

最終更新:11/9(金) 23:25
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事