ここから本文です

NASCAR:第34戦制したフォードのハービックに車検違反。手にした王座決定戦への切符を失う

11/8(木) 15:18配信

オートスポーツweb

 11月4日に決勝レースが行われたモンスターエナジーNASCARカップ第34戦で優勝したケビン・ハービック(フォード・フュージョン)にレース後車検で違反が発覚。この勝利で獲得したポイントが剥奪されるとともに、一度は手にした最終戦ホームステッドでの“チャンピオンズ4”進出権を失った。

【写真】第34戦を制したケビン・ハービックのフォード・フュージョン。レース後の車検で違反が見つかった

 スチュワート・ハース・レーシングのカーナンバー4をドライブするハービックはテキサスで行われた第34戦でレース周回数の半分以上でラップリーダーを務める圧倒ぶりで勝利。最終戦ホームステッドでのチャンピオン獲得権を残す4名、“チャンピオンズ4”のひとりに名を連ねた。

 しかし、レース後の車検でハービックがドライブしたフュージョンのスポイラーに違反が発覚した。NASCARのレギュレーションでは「マシンのスポイラーはマニュファクチャラーから供給されたものと同一のものを使用しなくてはならず、手を加えてはならない」とされており、ハービック車はこれに違反していたという。

 この結果、ハービックが第34戦テキサスの勝利で獲得した40点のドライバーズポイント、マニュファクチャラーズポイントは剥奪。また一度は手にしたチャンピオンズ4への切符も奪われる形となった。

 ただし、ハービックはポイントランキング4位につけているため、11日に決勝が行われる第35戦で勝利するか、ランキング4位以内に残ることができれば、最終戦ホームステッドでチャンピオンをかけた争いに加わることは可能だ。

 あわせてカーナンバー4のクルーチーフ、カーチーフのふたりには向こう2戦の出場停止処分、クルーチーフには7万5000ドル(約852万円)の罰金処分が下されている。

 チームは声明を発表し、このペナルティを受け入れるとともに「週末に迫った(第35戦)フェニックスに即座に集中していく」と述べた。

 このペナルティを受けて更新された最新のポイントランキングは以下のとおり。第35戦終了時点でランキング上位4名に残ったドライバーが最終戦でチャンピオンをかけて争う。

 なお、ジョーイ・ロガーノ(フォード・フュージョン)は第33戦で優勝して、すでにチャンピオン決定戦への進出を決めているため、ランキング2位よりポイントが低いものの暫定トップに記載されている。

■2018モンスターエナジーNASCARカップ ポイントランキング(第34戦終了時点)
Pos./Driver/Car/Points
1/J.ロガーノ/フォード・フュージョン/4119
2/カイル・ブッシュ/トヨタ・カムリ/4128
3/M.トゥルーエクスJr./トヨタ・カムリ/4125
4/K.ハービック/フォード・フュージョン/4193
5/カート・ブッシュ/フォード・フュージョン/4100
6/C.エリオット/シボレー・カマロZL1/4086
7/A.アルミローラ/フォード・フュージョン/4068
8/C.ボウヤー/フォード・フュージョン/4052


[オートスポーツweb ]

あなたにおすすめの記事