ここから本文です

劇的勝利のマンU…CLでの“ラスト5分逆転劇”は99年の決勝バイエルン戦以来

11/8(木) 10:24配信

SOCCER KING

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節が7日に行われ、マンチェスター・U(イングランド)は敵地でユヴェントス(イタリア)に2-1と逆転勝利を収めた。

 0-1とビハインドのまま迎えた終盤、86分と90分にゴールを決めて劇的な逆転勝利を収めたマンチェスター・U。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、CLの試合で残り5分を切ってから2得点を奪って勝利を収めたのは、“カンプ・ノウの奇跡”と称される伝説のファイナル以来だという。

 報道によると、マンチェスター・UがCLの試合で残り5分を切ってから2得点を奪って勝利を収めたのは、1998-99シーズンの決勝バイエルン戦以来という。同試合、マンチェスター・Uは前半立ち上がりに先制点を許して0-1とビハインドを負ったまま、後半アディショナルタイムへ突入。しかし90+1分に元イングランド代表FWテディ・シェリンガム氏のゴールで同点に追い付くと、2分後には元ノルウェー代表FWオーレ・グンナー・スールシャール氏が劇的が逆転ゴールを決めた。2-1と勝利を収め、プレミアリーグとFAカップと合わせてシーズン3冠を成し遂げた。

 そして今節、“カンプ・ノウの奇跡”以来となる劇的な逆転勝利を収めたマンチェスター・U。今シーズン、公式戦で無敗を維持していたユヴェントスを敵地で破り、今後の戦いに弾みをつけることとなった。

 グループステージの次節は27日に行われ、マンチェスター・Uはホームでヤング・ボーイズ(スイス)と対戦。4試合を終えてグループHの2位につけ、勝てば決勝トーナメント進出の可能性もある重要な戦いへ臨む。なお、公式戦の次戦は11日、プレミアリーグ第12節のマンチェスター・C戦。敵地での“マンチェスター・ダービー”に挑む。

SOCCER KING

最終更新:11/8(木) 10:24
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事