ここから本文です

試合後の行動が話題に…モウリーニョ「ちょっとしたことをしただけ」

11/8(木) 14:13配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、話題となっている試合後の行動について説明した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が7日に行われ、マンチェスター・Uはユヴェントスと対戦。1点ビハインドで迎えた86分、フアン・マタの直接FK弾で同点に追いつくと、そのわずか3分後にはアシュリー・ヤングのFKからオウンゴールを誘発し、逆転勝利を収めた。

 話題になっているのは試合終了直後、モウリーニョ監督が耳に手を当てて観客にアピールをした場面。ユヴェントスの選手たちは抗議する様子を見せていたが、あのような行動をとった理由について、同監督は次のように明かした。

「イタリア的な美しい方法で、観客は私を90分間罵り続けた。私は彼らを侮辱してはいない。ちょっとしたことをしただけだ。何百万人もいるインテルファンは、とても喜んでくれたと思うよ」

「だが、ユヴェントスのことはリスペクトをしている。選手のことも監督のこともリスペクトしている。そして、素晴らしいパフォーマンスを見せた私の選手たちを本当に誇りに思っている」

 グループ首位ユヴェントスとの直接対決に勝利したマンチェスター・Uは、ユヴェントスとの勝ち点を「2」差に縮めることに成功した。モウリーニョ監督は、大きな勝利であったことを認めたものの、まだ何も手にしていないことを強調した。

「我々にとっては、大きな勝利だった。勝ち点が必要だったからではなく、ホームで信じられないような成績を残している素晴らしいチームのユヴェントスに勝ったことが大きい。次はホームで最終戦がある。残り2試合必要だと思っていたが、あと1試合だ」

「現時点での私の計算が正しければ、次のヤングボーイズとの試合に勝てば勝ち上がれると思う。だから、あとはオールド・トラフォードの人たち次第だ。遅れることなく、時間通りにスタジアムに着きたい。ここではとても素晴らしいエスコートを受けた。イタリアの警察の方々には感謝をしたい。次の試合を時間通りに着くことができれば、ヤングボーイズに勝利して勝ち点3を獲得し、勝ち上がりを決められるだろう」

 マンチェスター・Uは、プレミアリーグのマンチェスター・C戦とクリスタル・パレス戦後、27日にホームでヤングボーイズと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:11/8(木) 14:13
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事