ここから本文です

中国三大キャリア、1日に稼ぐ平均利益70億円

11/8(木) 14:10配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国の電気通信事業三大キャリアが10月29日時点で明らかにした今年第1~3四半期の財務実績によると、三大キャリアを足した前3四半期の累計利益は1175億400万元(約1兆9253億円)で、平均日当たり4億3000万元(約70億円)を稼いだことになる。

【写真】「中国移動」の店舗

 中国移動(チャイナモバイル、China Mobile)の財務報告書によると、2018年の第1~3四半期累計で、売上げ5677億元(約9兆2919億円)、前年同期比0.3%減、純利益950億元(約1兆5556億円)、前年同期比3.1%増としている。

 中国聯合通信(チャイナ・ユニコム、China Unicom)は、第1~3四半期累計で、売上げ2000億1300万元(約3兆2752億円)、前年同期比6.5%増、純利益34億7000万元(約568億円)、前年同期比164.5%増だった。

 中国電信(チャイナテレコム、China Telecom)は、売上げ2849億7100万元(約4兆6663億円)、前年同期比3.6%増、純利益190億3400万元(約3117億円)、前年同期比2.7%増としている。

 三大キャリアを合計すると、第3四半期までの累計で、純利益1175億400万元(約1兆9253億円)、1日平均で4億3000万元(約70億円)を稼いだことになる。

 三大キャリアの純利益は同期比で増加しているが、注意すべきは「中国鉄塔(China Tower)」の上場がもたらした一時的な収益上乗せ分を含んでいる点だ。

 例えば、中国聯合通信の財務報告書には、中国鉄塔の上場と新株発行による持株比率の変化により、純利益が14億7400万元(約241億円)増加したと述べている。中国移動はその中から23億元(約377億円)の純利益を獲得したとしている。中国電信は具体的な収益の増加値については触れていない。

 ■三大キャリアの業績は一定の圧力を受けている

 純利益は前年同期比で増加はしているが、三大キャリアは財務報告書の中で業績は一定の圧力を受けている、と述べている。

 一つの顕著な状況は、中国移動は、過去4年間で初めて売上げが前年同期比で減少していることだ。第1~3四半期の三大キャリアユーザーの内でモバイルユーザーのARPU(ユーザーあたりの1か月の平均売上げ)が下降していることも要注意だ。データによると、中国移動のARPUは55.7元(約912円)で、昨年度上期の58.1元(約951円)を下回っている。中国移動の発表によると、この下降の動きは依然続いているという。中国聯合通信のARPUは46.8元(約766円)、前年同期比で下降している。中国電信もARPUは落ちているという。

 三大キャリアにとって、もっと重要なことは、通信料金の市場競争が激化していることだ。中国移動によると、第1~3四半期の、通信料金の金額は急速に下降しているという。

 今年の第3四半期において、電信通信業者はほとんど例外なく料金プランを低廉化しており、かけ放題プラン(元々の通信制限無しのセット)を月単価で100元以下まで下げている。今年の7月1日以降は、遠距離通信追加費を撤廃したことも、通信料の売上げに一定の影響を与えている。

 幸いに、ユーザーの通信量自体は依然として急増中だ。工業情報化部の最新データによると、前3四半期のインターネット累計通信量は466億GBに達し、前年同期比で201.9%増、9月の当月のDOU(一戸当たりモバイル・インターネット接続通信量)は5.15GBに達し、前年同期比162.6%だという。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

あなたにおすすめの記事