ここから本文です

台北市日本工商会、台湾に「白書」提出 日本食品の輸入規制見直しなど要望

11/9(金) 17:36配信

中央社フォーカス台湾

(台北 9日 中央社)台北に事務所を持つ日系企業などで構成される台北市日本工商会は9日、蔡英文政権に対する政策提言「白書」を発表した。2011年以来台湾が実施している日本食品への輸入規制の見直しのほか、営利事業所得税(法人税)引き上げの凍結、電力システム全体に関する具体的計画の提示、人材つなぎ留め政策の推進などを提言した。

同会の白書提出は10年目。この日、台北市内で大橋悟理事長が国家発展委員会の陳美伶主任委員に白書を手渡した。

(潘姿羽/編集:名切千絵)

あなたにおすすめの記事