ここから本文です

和太鼓の演奏や獅子舞など、トーハク「博物館に初もうで」1/2-27

11/9(金) 16:45配信

リセマム

 東京国立博物館は2019年1月2日から27日まで、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」を開催する。2019年の干支にちなんで「亥」を表した作品の特集展示のほか、和太鼓や獅子舞などの伝統芸能も楽しむことができる。

「博物館に初もうで」展示作品

 「博物館に初もうで」は、東京国立博物館で開催されるお正月の恒例企画。2019年の干支「亥」にちなんで、イノシシをモチーフにした絵画や彫刻、埴輪などの作品特集のほか、「冨嶽三十六景・凱風快晴(がいふうかいせい)」などお正月にふさわしい吉祥モチーフの名品などを展示する。

 1月14日までの期間限定で、国宝である「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」を2年ぶりに展示する。1月2日と3日には、和太鼓や獅子舞などの伝統芸能が楽しめるお正月イベントも実施予定。

 観覧料は、一般620円、大学生410円。高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は無料。

◆博物館に初もうで
期間:2019年1月2日(水)~1月27日(日)
会場:東京国立博物館(東京都台東区上野公園13-9)
観覧料:一般620(520)円、大学生410(310)円
※括弧内は20名以上の団体料金
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は無料

《リセマム 桑田あや》

最終更新:11/9(金) 16:45
リセマム

あなたにおすすめの記事