ここから本文です

雨中に乱れたショット 松山英樹はスコアを落とす

11/9(金) 18:42配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(9日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7,262 yd(パー70)

【画像】舞台は新生・御殿場

快晴だった初日とは一転、この日の富士山は雨雲に覆われて姿を見せなかった。午後になって雨脚は強くなり、松山英樹が後半10番をプレー中に競技は一時中断。そのままサスペンデッドが決定した。前半9ホールで1バーディ、4ボギーとスコアを落とした松山は、通算2オーバーの暫定43位。10日の午前8時からプレーを再開する。

初日終了後の「修正したい」という言葉とは裏腹に、1Wを振りぬいた1番の1打目は大きく左に出て茂みの中へ消えていった。2打目でグリーン右のカラーまで運んだが、アプローチを寄せきれずにボギースタート。

続く2番も3Iのティショットを左に曲げて連続ボギーとして不穏な空気に。3番(パー5)でフェアウェイバンカーからグリーン手前まで運んでバーディを奪ったが、その後もショットがぶれて2つのボギーを追加した。

納得のいかないショットに何度もいら立つしぐさを見せた松山。サスペンデッドの知らせを聞くと、無念さといらだちにまみれた1日を振り切るように、すぐに帰りの車に乗り込んだ。(静岡県御殿場市/石井操)

あなたにおすすめの記事