ここから本文です

(いちからわかる!)「はやぶさ2」が調べる小惑星ってなに?

11/9(金) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■「太陽系の化石」といわれ、生命誕生のなぞに迫(せま)れるかも
 コブク郎 探査機「はやぶさ2」が小惑星(しょうわくせい)「リュウグウ」に着陸するって聞いたよ。小惑星って何かな?
 A 来年1月以降の着陸をめざしているよ。小惑星は、太陽の周りを回っている岩石や金属でできた天体だ。主に、火星と木星の間の小惑星帯(メインベルト)に分布している。1801年に「ケレス」が発見されて以来、78万個以上が見つかっているんだ。
 コ そんなにたくさん!
 A 地球の軌道(きどう)に近づくものもある。約1万9千個見つかっていて、このうち約2千個が「潜在的(せんざいてき)に危険」としてリストに挙げられている。…… 本文:894文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事